福鍼協 福島県認可団体 ~東洋医学を健康保険で~

通知・通達

▼あん摩マッサージ指圧師、はり師及びきゅう師労災料金改定について

令和3年1月18日付けで、労災保険あん摩マッサージ指圧師、はり師及びきゅう師施術料金算定基準が改定されました。
令和3年2月1日以降の施術については、以下の施術料金算定基準にて算定してください。

〇主な改定
20210120.PNG

1 算定料金は2,760円だが、往療距離が片道4キロメートルを超えた場合
2 変形徒手矯正術は、マッサージの加算とする取扱いとして同一部位にマッサージ及び変形徒手矯正術(※)を行った場合に限り、両方の料金を算定すること。
3 6大関節(肩、肘、手首、股関節、膝、足首)対象とし、1肢(右上肢、左上肢、右下肢、左下肢)毎に算定する。
4 変形徒手矯正術については、診断書が交付されてから1カ月を超える場合とする。)を超える場合には、改めて診断書又は指示書の添付を必要とする。
5 温罨法と変形徒手矯正術との併施は認められない。

>> 労災保険あん摩マッサージ指圧師、はり師及びきゅう師施術料金算定基準
>> 労災保険あん摩マッサージ指圧師、はり師及びきゅう師施術料金算定基準の一部改定について(令和3年1月18日付け基発0118第4号)
令和3年1月7日からの大雪に伴う災害の被災者に係る被保険者証等の提示等について


保険証がなくても「一部負担金で施術を受けられる柔道整復、はり、きゅう、あん摩マッサージの施術所」の施術を受けられます

1月7日付で令和3年1月7日から大雪による災害の被災に伴い、厚生労働省より事務連絡「令和3年1月7日からの大雪に伴う災害の被災者に係る被保険者証等の提示等について」が発出されました。

被災に伴い被保険者が被保険者証等を紛失したり、家庭に残したまま避難していることにより、保険医療機関等に提示できない場合等も考えられますが、その場合には氏名や事業者名等を保険医療機関等に申し立てることで保険証がなくても受診できます。

以前、同様の事務連絡が発出された際に、一部負担金で施術を受けられる柔整の施術所、受領委任制度が開始されたはり、きゅう、あん摩マッサージの施術所についても対象となっていることを厚生労働省に確認しています。

患者さんから次の事項を確認してください

1.氏名
2.生年月日
3.連絡先(電話番号等)
4.加入している医療保険者が分かる情報(※)
(※)被用者保険の場合は事業所名、国民健康保険の場合は住所及び組合名、後期高齢者医療制度の場合は住所

>> 令和3年1月7日からの大雪による災害の被災者に係る被保険者証等の提示等について(令和3年1月7日事務連絡)(厚生労働省・PDF)

▼年末年始休業のお知らせ


時下、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
本年度の年末年始の休業日は下記の通りです。
年末ご多用の折、何かとお手数をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

  

令和2年     

12月28日(月)  平常通り
12月29日(火)  休業いたします
   30日(水)
   31日(木)

令和3年 

 1月1日(金)  休業いたします
   2日(土)
   3日(日)  
   4日(月)  
   5日(火)  平常通り    

  レセプト提出締切り日は、通常通り5日(火)です

あはき・マッサージ・指圧師の施術に係る療養費の改定等について

11月25日付で、厚生労働省より『はり・きゅう、あん摩マッサージ指圧料金の改定通知』が発出されております。

1.改定率:0.27%

2.改定内容

■技術料(はり・きゅう)の引上げ

現行引上額改定後
初検料(1術)1,710円60円1,770円
初検料(2術)1,760円90円1,850円
施術料(1術)1,540円10円1,550円
施術料(2術)1,590円20円1,610円

※はり又はきゅうと併せて、施術効果を促進するため、それぞれ、はり又はきゅうの業務の範囲内において人の健康に危害を及ぼすおそれのない電気針、電気温灸器又は電気光線器具を使用した場合は、電療料として1回につき30円を加算する。

■マッサージ施術料の引上げ


現行引上額改定後
マッサージ(1局所)340円10円350円

※変形徒手矯正術はマッサージの加算(450円)とする(変形徒手矯正術の単独算定は不可)
※変形徒手矯正術と温罨法の併施は認められない

■往療料の距離加算の減額


現行改定後
往療料2,300円2,300円
4㎞超2,700円2,550円

■施術報告書交付料の引上げ


現行改定後
施術報告書交付料300円460円

 

■施行開始日:令和2年12月1日

3.施術報告書に施術頻度を記載

施術報告書交付料を算定する際の施術報告書について、これまで「施術の内容・頻度」だった項目が「施術の内容」と「施術の頻度」に分けられ、「施術の頻度」には「月平均〇回」といったように1ヶ月の平均施術回数を明記することとなりました。 

■厚生労働省ホームページ
>>はり師、きゅう師及びあん摩・マッサージ・指圧師の施術に係る療養費の支給について(令和2年11月25日 保発1125第6号)
>>「はり師、きゅう師及びあん摩・マッサージ・指圧師の施術に係る療養費に関する受領委任の取扱いについて」の一部改正について(令和2年11月25日 保発1125第7号)
>>「はり師、きゅう師及びあん摩・マッサージ・指圧師の施術に係る療養費の支給の留意事項等について」の一部改正について(令和2年11月25日 保医発1125第1号)
>>(参考)はり師、きゅう師及びあん摩・マッサージ・指圧師の施術に係る療養費の支給の留意事項等について(平成16年10月1日 保医発第1001002号)(改正反映版)

なお、今回の通知には、11月12日のプレスリリースで発表された「長期・頻回の施術等に関する償還払いに戻せる仕組み」についての内容はありませんでした。

▼あはき療養費の長期・頻回の施術等に関する  償還払いに戻せる仕組みについて

令和2年11月12日付で、『あはき療養費の長期・頻回の施術等に関する

償還払いに戻せる仕組みの施行日は、「令和3年7月1日」となります』

として、厚生労働省が報道関係向けにプレスリリースを発表しました。

厚労省HP >>報道発表資料 

詳細については、発表され次第お知らせします。

▼あはき療養費検討委員会が開催されました


10月29日にあん摩マッサージ指圧、はり・きゅうの療養費検討専門委員会が開催されました。

主な議題
〇料金改定(案)について・・・施術料、技術料の引上げもありましたが、往療料の一部は減額され、変形徒手矯正術はマッサージの加算と整理されました。
〇長期・頻回の施術等に関する調査結果及び検討。
※改定(案)では、施行を12月1日からとしておりますが、詳細については通知が発出され次第お知らせします。

厚労省ホームページ(検討専門委員会)
>>第22回社会保障審議会医療保険部会 あん摩マッサージ指圧、はり・きゅう療養費検討専門委員会配布資料
令和2年度(第29回)あはき師の国家試験について

令和2年度(第29回)はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家試験の日程等詳細が発表されました。

はり師
試験日:令和3年2月28日 合格発表:3月26日

きゅう師
試験日:令和3年2月28日 合格発表:3月26日

あん摩マッサージ指圧師
試験日:令和3年2月27日 合格発表:3月26日

受験案内はこちら(試験財団HP)
受験願書の請求方法(試験財団HP)

▼はり師、きゅう師及びあん摩マッサージ指圧師の施術管理者研修について

はり師、きゅう師及びあん摩マッサージ指圧師の施術管理者研修については、令和2年3月4日発出の通知により令和3年1月より実施されることとなっていましたが、研修の主催団体である公益財団法人東洋療法研修試験財団より、詳細の発表がありました。

対象者:あはきの受領委任契約を令和3年1月1日以降新規に申出を行う者とする。
※令和2年12月31日までに申出を行った方は本研修の受講対象者ではありません。


申込先:公益財団法人東洋療法研修試験財団

福鍼協では申し込み代行は行っておりません


申込方法:東洋療法研修試験財団のホームページより申込書請求用エクセルフォーマットをダウンロードし、メールかFAXで申し込む。

オンライン受講:柔道整復と同様に、原則オンライン研修(Zoom)となり、オンライン研修が難しい方は会場での受講もできます。

回数開催都道府県開催日会場定員受付期間
第1回神奈川県
オンライン研修
2021年1月10日~
1月11日
オンライン研修
呉竹鍼灸柔整専門学校(横浜校)
100名2020年9月1日(火)~
9月25日(金)
第2回埼玉県
オンライン研修
2021年1月30日~
1月31日
オンライン研修
呉竹鍼灸柔整専門学校(大宮校)
100名2020年9月1日(火)~
9月25日(金)
第3回大阪府
オンライン研修
2021年3月20日~
3月21日
オンライン研修
森ノ宮医療学園専門学校(大阪)
100名2020年10月1日(木)~
10月23日(金)
第4回愛知県
オンライン研修
2021年3月27日~
3月28日
オンライン研修
中和医療専門学校(稲沢市)
100名2020年10月1日(木)~
10月23日(金)
>>公益財団法人東洋療法研修試験財団 施術管理者研修ページ

▼はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師の施術に係る療養費の受領委任を取扱う施術管理者の研修について

8月6日付で、『あはきの施術管理者研修』の実施機関として公益社団法人東洋療法研修試験財団が登録され、令和3年1月~3月実施分について、令和2年9月1日から募集開始する旨が掲載されました。
詳細については、今後発表される内容をお待ちください。

>>はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師の施術に係る療養費の受領委任を取扱う施術管理者に係る研修実施機関の登録について(令和2年8月6日 保発0806第2号)

>>公益財団法人 東洋療法研修財団のホームページ


【参考】既に実施されている柔道整復師の施術管理者研修の場合
施術管理者自ら試験財団のインターネットから申込むことになっています。
また、インターネットからの申込が出来ない方は、必要事項をFAXで伝え送付される申込用紙を郵送する方法があります。